無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

楽しいはずなのに
あなたside


ー校門前ー


なんで来ちゃうかなぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!


『今日西畑の奢りな。』


西畑「なんでや笑」


『せっかく琴美と遊ぼうと思っとったのに!!』


琴美「私"は"ウェルカムなんですけどね…」


『"は"を強調せんでええねん。』


琴美「だってそうじゃないですか、やだー」


『琴美も嫌いになりそうやわ…』


琴美「え、やだ。あなた好き。」


西畑「2人でイチャイチャしないでくださーい」


道枝「どこ行くんですか?」


西畑「とりあえず、タピオカのとこ。」


琴美「タピオカって…?食べ物の?」


『大にっちゃんと、長尾くん。』


琴美「???」


『タピオカが好きな子2人笑』


琴美「そうなのね笑笑」




ータピオカと合流ー

大西「ん〜✨美味しい〜!」


長尾「少しくださいっ!」


大西「いいよ〜、その代わり、そちらもいただくっ(。-∀-)ニヤリ」


長尾「いいですよ〜笑」


琴美「なにこれ笑」


『気にせんでええよ。いつもの事やから』


?「あれぇ〜、流星くん達じゃないですかぁ〜」


はぁ、この声、橘さんじゃないですかぁ〜((殴


西畑「げ。」


橘「げ。ってなんですかぁ〜?」


『1人?』


橘「ですよぉ〜?皆さん奇遇ですねぇ〜💕」


琴美「だれこれ((耳元」


『橘さん、自己紹介お願い。』


橘「なんでですかぁ〜?」


『私の友達いるから。』


橘「わかりましたぁ〜」

「橘結愛ですぅ〜💕よろしくねぇ〜💕」


琴美「琴美です、よろしくお願いします。」


橘「いちぉ、私の方がぁ、歳上だからぁ、覚えといてねぇ💕」


琴美「はーい」


橘「皆さんとぉ、ご一緒してもよろしいですかぁ〜?」


西畑「別に?」


道枝「いいですけど…」


大西「僕ら、タピ活してくる!」


『行ってらっしゃーい』


長尾「ごめんなさい((耳元」


『はいはい笑((耳元』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi (なにわ垢) Twitter☞@moegi_mochio (スト垢) とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。 需要あるかどうかわかんいないけど、一応 。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る