無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

思い出の場所と言葉。
あなたside


ここ…久しぶりに来たな…笑
はぁ…((泣

分かってんのにな…


『怒っちゃいけない、怒っちゃいけない…((ボソッ』


西畑「あなた、無理せんでええんよ。」


『…西畑?』


西畑「あなたは、小さい頃から頑張ってきて、色々あったやん…?その度にここ来てさ…」

「今やっと波が来てるのに、こんなことになって…俺も嫌だ笑」

「少しぐらい、甘えてええねんで…今までのこと、全部受け止めたる。」



『……だいごっっ…((泣』


西畑「思う存分、泣けばええんよ…俺の胸はいつでも空いとるから…さ笑」


『紫耀も廉も何も言わんままデビューしてるし、柊真は美容師なっちゃうし…じーこだって、私に何も言わないでっっ!!龍太くんも言わないし…』

『私ってそんなに頼りないかな…』


西畑「頼りなくないで…」



『あーーー!!!!((大声』


西畑「耳キーンなるわ…」


『終わったことは、終わったこと!前に進むしかないんや!』

『ありがとな、大吾っ!!』


西畑「頑張れるな?」

『久々に、あれ、やっちゃいますか笑』


西畑「笑笑」


『関西の圧っ!!』


氷畑「みせたるわぁぁぁぁあ!!!」


『懐かし笑』


道枝「大声出さんといてください笑」


長尾「それ、なんですか?」


大西「懐かしい笑」


『うちらの合言葉?』

『あ、お騒がせしました…』


藤原「次からちゃんとやれよ?」


大橋「(。'-')(。,_,)ウンウン」


『分かりましたー』


橘「大声がしたんですけどぉ…」

「大丈夫ですかぁ…?」


高橋「((練習室で鏡みてる」


西畑「大丈夫やから、さっ、戻ろ戻ろ!」


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi (なにわ垢) Twitter☞@moegi_mochio (スト垢) とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。 需要あるかどうかわかんいないけど、一応 。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る