無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

練習と本音
橘side


意味わかんない、なんであんな奴がみんなに好かれてんの?


ま、いーや、後でどうなるか覚えとけよ(。-∀-)ニヤリ



西畑「じゃあとりあえず…」

「歌ってみようか。」


『はぁ〜い』


ー歌うー


西畑「じゃあ、次踊ってみよ」


ー踊るー


藤原「うん、いいんじゃない?」


西畑「位置とかちゃんと出来れば、そこそこよね」


道枝「始めますか?練習。」


長尾「ですね〜」


大橋「まって!!プリン食べてから!!」


あなた「はっすん、やめといてや。」


大橋「( ´ . _ . ` )シュン」



『じゃぁ、始めましょぉよぉ〜』



🎼.•*¨*•.¸¸♬🎶•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪(ダイヤモンドスマイル)



あなた「橘さん、自分のパート、歌うのに集中し過ぎてる。」


『すみませぇん…(またもや不機嫌顔)』


大西「初めてなんだし、ちょっと言い過ぎだよ…(そんなこと思ってない)」


『ですよねぇ!!あなたちゃん、苗字呼びで怖いしぃ…』


あなた「はぁ…じゃあもう1回やろっか( ´ ꒳ ` )💢」


西畑「切れんな、我慢しろ。((耳元」


あなた「分かってるけどさぁ!!!((耳元」


高橋「やりますか?」


あなた「うん、やろう。」




🎼.•*¨*•.¸¸♬🎶•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪




『はぁ…はぁ…((めっちゃ息切れ』



あなた「はっすん、プリン((手を伸ばす」


大橋「やっと好きになってくれたん!?」


あなた「私が好きなのは、苺だけやし。」


大橋「じゃあ、あげんっ!!」


藤原「ええやん、プリン1個やで?ちっさい男やなぁ…」


大橋「じゃあ上げるっ!!」


長尾「ちょっと休憩ですか?」


道枝「少し疲れたし…」


西畑「おけおけー、おおにっちゃーーん💕」


大西「休憩やなくてもいい…大ちゃんが…」


あなた「ええやん笑」

「てか、このプリン美味しいなぁ…」


大橋「でしょ!?でしょ!?」


あなた「うん笑」


高橋「( *¯ ꒳¯*)✨((鏡みてる」


あなた「恭平、そんなにドヤ顔するんなら、持ってる鏡全部割るで、」


高橋「辞めてください…」

あなた「うそうそ、のびのびやってくれたらええねん笑」


高橋「❁**(⸝⸝⸝ˊᗜ​ˋ⸝⸝⸝)❁**」


『恭平くんってぇ、鏡好きなのぉ…?』


西畑「あ、そっか、自己紹介しとく?」


藤原「やな笑」





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi (なにわ垢) Twitter☞@moegi_mochio (スト垢) とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。 需要あるかどうかわかんいないけど、一応 。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る