無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第62話

初デートのお約束
あなたside



練習終わって帰ってるんだけど、なんでこいつらいるわけ←




高橋「でー、どういうわけよ?」


道枝「っあー!!だから……」


長尾「あなたちゃんは、みっちーのどこが好きなん?」


『っえー…?全部??』


大西「ヒューヒュー!!」



『あの、帰ってくれませんか?』


大西・長尾・高橋「なんで??」


『2人で居たいの!!』


道枝「…/////」


大西・長尾・高橋「はーい…」





道枝「あなた、さっきの嬉しい…////」


『いや、あの、深い意味は無い!////』


道枝「それでも笑 明日、学校終わったらデートせん…?」


『いいよっ!』

『制服デートよね?』


道枝「そのつもりやけど…いややった?」


『いやっ、そうじゃなくて、』

『ジュース買いに行ってた時に会った人。あの人元彼でさ…年上だったからそういうの憧れで…』


道枝「ふふっ、可愛い。」


『ば、バカにしないでよっ////』


道枝「してないしてない笑」



『じゃ、ここで。』


道枝「またね。」







私、駿のこと好きすぎだなぁ...////



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi (なにわ垢) Twitter☞@moegi_mochio (スト垢) とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。 需要あるかどうかわかんいないけど、一応 。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る