無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第44話

○○の力見せたる。
ー体育祭も順調に進んで行き、最後の種目ー


『ふぅ…』



琴美「あなた〜、円陣!」


『私が指揮とるん?』


琴美「あったりまえじゃん」


『りょー』




『えー、あの、私が黄組の力〜って言うので、見せたるわ〜!って言ってください。』


黄組「はーい」


『んんっ…』

『黄組の力〜』


黄組「見せたるわー!!!!」



西畑「頑張ってね〜」


黄組女子「きゃー!!」


『ちょっと変えてみた笑』


西畑「もー、雑誌で出すしかないな笑」


琴美「え、なになに!?」


『気にしなくていーの笑』




ーリレー開始ー



よーい 💥🔫"


『黄組ー!!!頑張れ!!!!』


琴美「ファイト〜!」



アナウンス「バトンは第2走者に渡りました。」

「只今の、順位、1位赤組 2位青組 3位黄組 4位白組です」

「おおっと!黄組転倒!」



黄組「ファイトー!!!黄組の力見せたれぇー!!!」


琴美「ちょっくら1位取ってくる」


『おけ笑』



アナウンス「バトンが第3走者に渡りました。」

「只今の順位、1位赤組 2位青組 3位白組 4位黄組です。」



『ことー!負けたら承知しないから!!』


琴美「(o´罒`o)」



アナウンス「黄組が追い上げて来ました!現在2位です!」(トップとの差は結構ある)


琴美「あなたの見せ場、作ったから(。-∀-)」


『( -ω- ´)フッ笑』



アナウンス「バトンがアンカーに渡りました。」

「どんどん黄組追い上げてくる!!」



正門・西畑「頑張れ、あなた!!!」


『(⑉¬ᴗ¬⑉)ニヤッ』




アナウンス「黄組がトップに躍り出ました!」

「そしてそのまま、ゴール!」



『よっしゃー!!!!!』


黄組「👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻」




ー閉会式終了ー


『にしぱた、疲れた…』


西畑「お疲れ」


『ねむ。』


西畑「おやすみ」


『冷た…』


西畑「そーですねー(棒)」



正門「大吾の家で打ち上げしよか笑」


『え、なにそれ名案』


正門「そうと決まれば…『レッツゴー!』…」





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ✄
打ち上げは書きません🙇🏻‍♀️

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi (なにわ垢) Twitter☞@moegi_mochio (スト垢) とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。 需要あるかどうかわかんいないけど、一応 。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る