無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

美少年くん、初めまして、氷川です。
あなたside



永瀬の廉くん借りたわけですが、美味しいお店を聞くだけなんですよね笑

夜まで時間あるし、遊ぶか笑


『美味しいお店って、どこがある?』


永瀬「どっか行くん?」


『じーこと行ってくるから!』


永瀬「んー…じゃあ、こことかどう?((携帯」


『じゃあそこにする笑』

『夜まで時間あるから、遊ぼー』


永瀬「美少年に会いに行こっか」


『初めましてさんだ。』


永瀬「今まで事務所おったのにな笑」


『だって、東京とかで仕事もらっても楽屋あるし、事務所とかなかなかこんし?美少年くんは最近入ったし…?』


永瀬「とりま、行くか」


『おー!』



ガチャ


『どーもー、氷川あなたです!』


美少年「あなたちゃん!?」


『お、人気者だ笑』


永瀬「調子乗らない。」


美少年「廉くんも!?」


『この子、紫耀に似てる…((浮所を指す』


浮所「本当ですか!?」


『うん笑』


浮所「よっしゃぁぁぁぁ!」


那須「うるさいけど、気にしないでください笑」


『関ジュの方がうるさいですよ笑』

『タメで大丈夫ですか…?』


藤井「先輩なので大丈夫ですよ!」


『あ、そう?笑』

『龍我くん、ちょっとしゃがんで?』


佐藤「え…?((しゃがむ」


『よしよし、チビがバレない✨』


永瀬「爆笑」


『うるさ…((お腹を殴る』


永瀬「いったぁー…」


『永瀬が爆笑するからやで?』

(苗字呼びは怒っている時)


永瀬「ごめんなさい…」


『あ、美少年くんにはこんなことしないから!!』


岩崎「そんなこと思ってないですから笑」


金指「ですよ!」


『これ、廉の特別券だからっ!』

『ごめんね、失礼しました!』


永瀬「ごめんな〜」




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi (なにわ垢) とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。 需要あるかどうかわかんいないけど、一応 。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る