無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

🐶
🐶
🐶
 ぬな … 
貴方
貴方
 どうしたの ? 
貴方
貴方
 何が不安なの … 
🐶
🐶
 … ジミンさんのとこ行かないで 
🐶
🐶
 お願い 、 
貴方
貴方
 ふふっ ㅋ 
🐶
🐶
 な ! 僕真剣に言ってるのに !!! 
貴方
貴方
 ジミンさんとは住んでる世界が違うよ ~ 
なんて言いながら 

ふっと笑ってる 。

ヌナが思ってる以上に僕は不安なんだよッ …

それにあの人だってきっと
貴方
貴方
 誰に何を言われても
 私は 、 ジョンウが好きだよ 
僕の欲しい言葉をくれるヌナ

その一言だけで胸をギュッと掴まれる 

そんな感覚 。 
🐶
🐶
 (その好きじゃないしッ …) 
“ like ”じゃなくて

“ love ”がそろそろ欲しい
貴方
貴方
 ん ~ ? 
🐶
🐶
 何もない !!! 
貴方
貴方
 そ 、 そっか ? 
🐶
🐶
 極力 … でいいから 
🐶
🐶
 連絡取らないで … 
自分が思っている以上に

か細い声が溢れた 。
貴方
貴方
 ……… 
貴方
貴方
 私 、 ジョンウが好きだよ ? 
🐶
🐶
 likeなんて今は欲しくない 
🐶
🐶
 一人にさせて … 少しだけ 
貴方
貴方
 待って 
貴方
貴方
 聞いて 、 ジョンウ 
🐶
🐶
 うるさいッ !!! 
… 僕最低だ 。

ヌナの行動は全て善意なのにッ 

なんでうまく言えないんだろう 。


ちゃんと伝えて …

ぶつかって砕ければいいだけなのに 









怖いんだ …




















next≫