無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

はじまり
佐伯 晴人
佐伯 晴人
なんじゃこりゃ
杉浦 結
杉浦 結
佐伯 晴人
佐伯 晴人
お前が育てとるんけ?
杉浦 結
杉浦 結
結はそれにじょうろで水を掛ける。
佐伯 晴人
佐伯 晴人
なんや、日本の国旗みたいじゃのう。日の丸の。
杉浦 結
杉浦 結
佐伯 晴人
佐伯 晴人
それにしても、お前一人で育てとるんか?他の園芸係は?
杉浦 結
杉浦 結
結はそっぽを向いてしまう。
佐伯 晴人
佐伯 晴人
まあええわ、答えんでも。また明日来るけえ。
晴人が帰ろうと立ち上がり、数歩前に進む。晴人が踏みつける砂利の音が聞こえる。
杉浦 結
杉浦 結
プチトマト。
晴人は驚いて勢い良く振り返る。
杉浦 結
杉浦 結
プチトマトっていうんよ。これ。
佐伯 晴人
佐伯 晴人
ほうか。また明日な。
安心したように優しい笑顔で、今度は本当に帰っていく。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

放送部 シナリオ担当
放送部 シナリオ担当
ある中学校の放送部で、シナリオ(脚本)担当してます。脚本の練習にオリジナルで物語を書いていこうと思います。投稿頻度は私生活があるため、激遅になりますが、ご理解の程お願い致します🙇🙏
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る