無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第4話

翌朝
杉浦 結
杉浦 結
今日も暑いね。
結が、プチトマトに向かって話しかける。
佐伯 晴人
佐伯 晴人
何で話しかけてんの?
杉浦 結
杉浦 結
わああ!?
結はビックリして後ろへひっくり返ってしまう。
杉浦 結
杉浦 結
何でいるの…!?
佐伯 晴人
佐伯 晴人
昨日、『明日も来る』って言ったじゃん。
佐伯 晴人
佐伯 晴人
俺、佐伯晴人。晴人って呼んで。この前、結のクラスに転校してきた。
杉浦 結
杉浦 結
…佐伯くん。
佐伯 晴人
佐伯 晴人
素直に呼べよ!
佐伯 晴人
佐伯 晴人
毎朝、こんな早くに来て水やりしてんの?
杉浦 結
杉浦 結
今は夏だし、なるべく土が乾かないようにしてあげたいから…。
佐伯 晴人
佐伯 晴人
ふーん。
佐伯 晴人
佐伯 晴人
このプチトマト、1個食べていい?
杉浦 結
杉浦 結
…どうぞ。
晴人がプチトマトを1つ取って食べる。
佐伯 晴人
佐伯 晴人
…甘くて酸っぱい。
杉浦 結
杉浦 結
トマトだから当たり前だよ。
佐伯 晴人
佐伯 晴人
こういうの初恋の味って言うんやろな。
杉浦 結
杉浦 結
初恋…?
杉浦 結
杉浦 結
佐伯くんは初恋の味が分かるの…?
佐伯 晴人
佐伯 晴人
まあ…な…。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

放送部 シナリオ担当
放送部 シナリオ担当
ある中学校の放送部で、シナリオ(脚本)担当してます。脚本の練習にオリジナルで物語を書いていこうと思います。投稿頻度は私生活があるため、激遅になりますが、ご理解の程お願い致します🙇🙏
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る