無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

相談
あなたside




今、トイレ行くって言って楽屋を抜け出したあなたです。




会見後Twitterを見たら結構荒れてて泣いてます。



あー。SixTONES入るなんて言わなきゃよかった。







勝利:あなた!!




あなた:おっお兄ちゃん!?!?どっどうしてっ?




勝利:どうしてって…。北斗くんからLINEであなたが居なくなったって連絡来て。どうしたの??




あなた:お兄ちゃん…。










私…





























SixTONES辞めたい。


















勝利:そっかー。



あなたはSixTONESのみんなのこと嫌い?





あなた:嫌いっじゃっ… ない。でっでも。 このままいたら迷惑かける。ファンも減っちゃうかもだし。




勝利:それは 京本:それはないよ。




あなた:へっ。





樹:よかった。あなたここにいて。誰があなたのこと迷惑って言った?誰も言ってないでしょ。





あなた:でも、私の事いらないって言ってる人たくさんいたし…。





北斗:それは違うよ。あなたは俺らに…。SixTONESに必要だから!




あなた:(ρ_;)・・・グスッ。
ありがとう…。




勝利:あなた頑張れよ!







作者です。
すみません。駄作過ぎます。
駄作ですが、見ていただけると嬉しいです。

♡ ☆ ポチッ