無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

迷子??
あなたside





あなた:えっと。これと、これと…。これっ!よしっ戻ろう!右に曲がって…。ってない!
セクゾの楽屋がない!?!?ん?もしや…。迷子?


右往左往しながら走るあなた




あなた:うわぁ!すっすみません🙇‍♀️🙇‍♀️



??:おぉ。大丈夫??



あなた:あっ。大丈夫です。すみません。



??:ここで何してるの?というかその量の飲み物誰かの彼女?



あなた:っ違います!!



??:冗談だよ笑 俺、田中樹!



あなた:あっ佐藤あなたです。兄のレッスン室探してて…。



樹:そうなんだ!じゃあ送るよ!一緒に行こ!



あなた:あっはい。








―――SexyZone楽屋―――


樹:しっつれいしまーす。



健人:おおー樹!ってどうしてあなたも?



樹:送ってあげただけだよ。迷子になってたから。



勝利:そうだったんだ。樹ありがとう(◍︎´꒳`◍︎)



ガチャ))

マネ:失礼しまーす。



樹:あーマネ!どうしてここに?



マネ:あーちょっと話があって樹楽屋戻ってって!!!名前何??誰?



あなた:佐藤あなたです…。



マネ:佐藤…。あっ勝利の妹!?ねぇ、あなたちゃん今から着いてきて!



あなた:えっ!どういう事ですか?



マネ:まぁいいから!樹も行くよー!



勝利:えっ。どういうこと?マネさんー?