無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第13話

登校
あなたside





北斗:あなたちゃん乗って。


そうして車を出してくれたまつむr…じゃなくて北斗くん。


あなた:あっ。はい!


するとジェシーくんが走ってくる。



ジェシー:あなたちゃーん😭😭一緒に学校行きたいよー。




北斗:ジェシー、ばか。あなたちゃん困ってんじゃん。




ジェシー:ごめんって。北斗。じゃあ行ってらっしゃーい。








ーー車内ーー

北斗:あなたちゃんごめんね。ジェシーアホだから。





あなた:いえっ。全然大丈夫です。みなさんはとても優しいので!








北斗:ねぇ。あなた。













敬語…やめない?











なんか遠い感じするし。








あなた:分かりました。っあ!分かった!頑張る!






北斗:うん。着いたよ。行ってらっしゃい。あと、制服…































かわいいね。










あなた:っ…///















お世辞だってわかってたけど。


何も言えなかった。


北斗くんとっつきにくい人だなってと思ってた


けどいい人かも。