無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

お昼ご飯
購買に行って、メロンパンや、私の昼ごはんを買った。慧も付いてきてくれたけど、私と一緒に行きたかったかったんじゃなくて、自分の飲み物買いたかったからだよね…
あなた

買ってきたよ〜

山田涼介
おう!
少し遅かったな
あなた

次は、早く買ってきますよ~!

山田涼介
おっ!自ら、俺の奴隷の道へと進んでるじゃん!
あなた

そっそんなことない!!

山田涼介
てか、お前ここで食べんのかよ!?
あなた

悪い!?
時間ないんだからいいでしょ!

伊野尾 慧
俺はあなたと一緒に食べれるの嬉しーな!
あなた

涼介と違って、慧は優しいなー!

山田涼介
俺は、優しくないのかよ…
伊野尾 慧
奴隷扱いしてる時点でダメでしょ
あなた

そうだ!そうだ!

立場は、全然変わらないけど、敬語もなくなったし、仲良くなってきて嬉しいなー!