無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

彼氏!
休み涼介の奴隷になってから、数日がたった。

ある日、いつも通り、昼に涼介のメロンパンと私のご飯を買いに、慧は自分の飲み物を買いに、一緒に購買に行っていた。

すると、またまた、私の高校生活を変える出来事が起こった。
・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚
伊野尾 慧
あなた...
その声は、いつもと違い、低くて、落ち着いた声だった。
あなた

ん?なーに?

伊野尾 慧
俺さ、あなたの笑顔に惹かれて、すきになっちゃいました/////
あなた

えっ!そうなの!?
私も慧と一緒にいるうちに、好きになっちゃってたよ!

伊野尾 慧
すごい嬉しい!!!
じゃあ付き合っちゃおうか!
あなた

うん!