無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第11話

Eleven
4,233
2020/01/07 18:48
ジェル
ジェル
なんで俺だけこんな思いせなあかんねん…もう嫌や…誰か




























助けてよ…。‪゚(。>⌓<。‬)゚。

ーーーーーーーーーーーーーー
すとぷりside
それをこっそり聞いていたみんなは泣いていた…
ななもり。
ななもり。
。゚(゚`ω´゚)゚。
さとみ
さとみ
。゚(゚`ω´゚)゚。
りいぬ
りいぬ
。゚(゚`ω´゚)゚。
ころん
ころん
。゚(゚`ω´゚)゚。
るぅと
るぅと
。゚(゚`ω´゚)゚。
ななもり。
ななもり。
俺、知らなかった。ジェルくんがこんなにも1人で抱え込んでいること。
りいぬ
りいぬ
ジェルくんはいつもニコニコしてたのに、
さとみ
さとみ
そういえば最近心から笑ってる
って顔してないよなアイツ
るぅと
るぅと
頑張って無理やりテンションあげてましたもんね。
ころん
ころん
目が悲しんでた。
その時…
ジェルくんが一言言った。















































ジェル
ジェル
みんな…
ホンマにごめんな…(´;Д;`)



























































……え?