無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

8
蒼弥side 
(なまえ)
あなた
んねぇー銃いる?
俺は
"要らない"
そう答えた。
(なまえ)
あなた
てか今日何ランクの奴?
そう。
あなたが言うようにヤンキーにはランクと言うものがある。
ランクはIランクから
Hランク
Gランク
Fランク
Eランク
Dランク
Cランク
Bランク
Aランク
そして
Aランクの上に『Sランク』がある。
基本的にランクごとになれるグループ定員は決まってないが、Sランクは一組しかなれない。

ランクを上げるには自分たちより上のランクを一組倒せば自動的にワンランク上がる。
逆に一組でも負ければワンランク落ちる。

ランクを証明するものは首に書かれている。
ランクを示すものはタトゥーだ。
ランクは気づいたら書き換えられている。

因みにいまの俺らはEランク。
猪狩蒼弥
猪狩蒼弥
Gランクの連中。
あ、ひとつ断っておくけど
"不良"と"ヤンキー"と"ヤクザ"は全くと言って良いほど違うからな⁉