無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

11
蒼弥side 

俺らはbossに近づいていったけれどあと少しと言うところで仕掛けられた


パンッ



大きな銃声が響いた。



回りを見渡すとあなたの足元には銃のあとが。








猪狩蒼弥
猪狩蒼弥
大丈夫か?
(なまえ)
あなた
こんぐらい避けれるわ
とか言ってるけどくっそ焦ってた