無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2
2021/04/09

第7話

東方神起(明日は来るから)
真冬
真冬
ほら  舞い降りた雪がこの手に溶けては
藍
まるで何もなかったように消えてく
真冬
真冬
ねえ   大切なことは壊れやすいから
藍
僕たちにはつかめない   静かに漂うだけ
真冬
真冬
はるかな   はるかな   宇宙の片すみ
藍
こうしてふたりが出会えた偶然
真冬
真冬
奇跡と呼びたいこの気持ちを   君だけに伝えたいよ
藍
ただ   伝えたいことがうまく言えなくて
真冬
真冬
迷いながら   さがしながら   生きてた
藍
いま   ひとつの光を見つけた気がして
真冬
真冬
追いかければ逃げてゆく   未来は落ち着かない
藍
何度も何度も立ち止まりながら
真冬
真冬
笑顔と涙を積みかさねてゆく
藍
ふたりが歩いたこの道のり   それだけが確かな真実
真冬
真冬
雨降るときには君の傘になろう
藍
風吹くときには君の壁になろう
真冬
真冬
どんなに闇の深い夜でも   必ず明日は来るから
藍
春に咲く花や   夏の砂浜
真冬
真冬
秋の黄昏や   冬の陽だまり
藍
いくつもいくつもの季節がめぐり
真冬
真冬
重ねあう祈りは   時空さえ超えてゆく
藍
はるかな(宇宙の片すみにいて)
真冬
真冬
はるかな(思いをはせる)
藍
奇跡と呼びたいこの気持ちを   ただ君だけに伝えたいよ
真冬
真冬
何度も何度も立ち止まりながら
藍
笑顔と涙を積みかさねてゆく
真冬
真冬
ふたりが歩いたこの道のり   消え去ることはないから
藍
雨降るときには君の傘になろう
真冬
真冬
風吹くときには君の壁になろう
藍
どんなに闇の深い夜でも   かならず明日は来るから
真冬
真冬
君だけに伝えたいよ   かならず明日は来るから