無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

夏祭り①
ころちゃんとの夏祭り!


















私は夏祭りの会場である公園の前でころちゃんを待っていた。
あなた

遅いなぁ

あなた

!?

目の前が真っ暗になった。
誰かに手で目隠しされてる?
あなた

だ、誰ですか……?

私は恐る恐る聞いてみた。
ころん
ころん
プハッ!
ころん
ころん
俺だよ!俺!
目の前が明るくなって振り向くと、笑っているころちゃんがいた。
あなた

な、なに笑ってんの〜!

ころん
ころん
だってー、『だ、誰ですか?』って面白すぎでしょー!
あなた

からかわないでよ!

あなた

すごい待ったんだからね?もう!大遅刻!

ころん
ころん
ごめんごめん!ゆっくりしてた〜
あなた

ばかー!

あなた

マイペースすぎる!

ころん
ころん
ほらー、早く行こ!売り切れちゃうよ?
あなた

あんたが言うな!

そんな会話をしながら私たちは屋台の方へ向かった。
ころん
ころん
やっぱ混んでるねー
あなた

そうだね〜

ドンッ
あなた

わっ!

誰かの肩に当たって、人混みにのまれそうになった。
ころん
ころん
あぶない!
がしっ
ころちゃんに腕を掴まれた。
ころん
ころん
あぶないなー、気をつけろよな
あなた

あ、ありがとう

すると、ころちゃんが私の前に手を出してきた。
ころん
ころん
ほら、はぐれないように
あなた

うん

私はころちゃんの手をとった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

山猫
山猫
非現実的な話を書くことが多いです! いろんなジャンルを書いています! 書くペースが遅いですが、面白いお話を書ける ように頑張るので、よろしくお願いします! ツイッター始めました!↓↓ https://mobile.twitter.com/O1WWjbzpMTj05WR どうぞよろしくお願いします!! あと、小説のお知らせや情報など知りたい方は、「山猫 会話、リクエスト 、質問コーナー」で確認してください! よろしくお願いします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る