第26話

24
20,557
2023/08/11 10:48


宮侑
 せや、最初にマネやってもらうん
稲荷崎やからよろしゅうな



あなた
 めんどいな- 



宮侑
 せやけど、自分からマネなったんやろ?笑 



あなた
 ちゃうわ

強制に決まっとるやろ



宮侑
 え、そうなん? 



 侑、何しとるの? 



  2人が話しているとそこにもう1人現れた



宮侑
 北さん!? 



北信介
 今、みんな準備してんねん 



宮侑
 ほんまにすんませんでしたッ 



あなた
 そんなに怒らんであげといてや 

一緒に話しとった私も悪いしな



北信介
侑、今回はこの子に免じて許したる

せやけど次はないで



あなた
 よかったやん.笑 



宮侑
 じゃあ、俺準備行ってきます! 



  侑は駆け足で準備をしに行く



北信介
 頼むで 



あなた
 あんさんはどちら様や? 



北信介
 マネの子やな?

俺は稲荷崎の主将やっとる北信介や、
よろしゅうな



あなた
 あいつの先輩ゆうことか



北信介
 そうやよ 

今日は1日頼みます



あなた
 こちらこそよろしゅう 




  そして「 俺も準備しに戻るわ 」と言い残して
  去って行った






























__一方その頃
📍体育館裏
 恵 side

  あなたの下の名前に見捨てられ、この花音という奴に強引に
  体育館裏に連れてこられた








花音きらら
 恵くんっ!

私ね、実はあなたの下の名前ちゃんに虐められてるの...



伏黒恵
 は? 





  連れて来た途端、こいつは全く意味のわからない
  ことを言ったのでつい咄嗟に声が出てしまった





花音きらら
 えっとね、あなたの下の名前ちゃんが青城に来てから 
悪口とかすごい言われてて...



伏黒恵
 あなたの下の名前はそんなことしない 

本当だとしてもそれはあんたに非がある
からなんじゃないのか?





  たしかに偶に口が悪いことがある
  でもそんなのこっちの世界   呪 術 界で生きていたら
  当然だと思う
  それに加えあの家 禪院家であそこまでまともだから
  全然マシだ





花音きらら
 そ、そんなことないよっ、? 



伏黒恵
 だったら、もうあなたの下の名前には関わるな 

そしたら解決するだろ



花音きらら
 そっか、恵くんは信じてくれないんだ...グスッ 



伏黒恵
 俺はあいつの味方だからな 








花音きらら
 じゃあさ恵くん、
1個私のお願い聞いて?



伏黒恵
 ...聞くだけ聞いてやる 
















































































花音きらら
 あなたの下の名前ちゃんの悪口をみんなに 
広めてほしいの

















伏黒恵
 あ"? 

んなこと絶対しねぇよ、馬鹿なのかお前は





  今の会話で何でそんな質問ができるのかが
  理解が出来なかった
  頭に脳みそつまってないんじゃねぇのか











花音きらら
 え、











  そう答えるとこいつは理解が出来ないという
  顔をした
  「 肯定することが当たり前 」のような反応をするので
  逆に意味がわからない
  自分が世界の中心だとでも思ってんのかよ











伏黒恵
 戻っていいか? 



花音きらら
 へ、あ...うん 







  俺は足早に中に戻った



























































花音きらら
 なんで...なんで効かないのよ! 




























  前作のコメントで稲荷崎高校は兵庫県と
  言ってくださった方ありがとうございます!
  話の都合上この作品では大阪府にさせて
  もらっています。
  あらすじのところにも書いてある通り、
  捏造も含まれますのでご理解の方を
  よろしくお願いします🙏🏻







































👀交換宣伝


 夢主ちゃんと五条がスカートで攻防戦するお話です!
 予想外な展開ばっかですごく面白いのでぜひ!








プリ小説オーディオドラマ