無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

232
2018/08/29

第4話

#3
ジンとの日
屋上で2人きり
ジン
ねえ?
まな
……(ヘッドホンで音楽を聞いてるため聞こえない)
ジン
まなー?
まな
……hey!hey!
ジン
何がHeyHeyだよ…
まなってば!(ヘッドホンを外す)
まな
何すんのよ!
ジン
音楽の方が大事なの?
まな
まぁいつも1人で食べててそのくせかな?
ジン
一人で食べてたの?
まな
うん…友達がいなくてさ
ジン
そうだったんだ
まな
だから引っ込み思案だったんだよね
ジン
そっか…
まな
だけど友達っていいね!
ジン
そうでしょ?
まな
いたらいたで楽しいし、悩みとかも聞いてもらえるし…友達作れば良かったって後悔してるんだよね
まな
だけど、男子の友達ってなんか面白くてさ。
まな
だから男子友達できてよかった!
ありがとう!!
ジン
うん!(頭ポンポン
まな
ジンは?
友達って大切と思うよね?
ジン
うん!めっちゃ思うよ!
まな
親友とかは?居る?
ジン
いるね!1人だけ!
まな
だれだれ?ジミンくんとか?それとも……
床ドン
ジン
お前に決まってるだろ。
まな
え………?
まな
だけど、男子…
ジンがまなのことを抱き寄せる
ジン
親友じゃなくて、彼女がいいな
まな
いやいや!
まな
他にいい人いるから!ね?
まな
まなよ、用事思い出したからき、教室に行くね!
手を捕まえられる
ジン
それ嘘でしょ?
まな
いや…ホントだから!
まな
じゃあね!
ジンが追いかけてくる…
バックハグ
ジン
大好きだよ
まなは後ろを見る
チュッ
私はその場から逃げた
教室に戻ると…私とユンギ2人だけだった
|○○ ○○ ○○ ○○|
|○○ ○○ ○○ ○○|
|私○ ユ○ ○○ ○○|
壁○○ ○○ ○○ ○○|
壁○○ ○○ ○○ ○○|
|○○ ○○ ○○ ○○|
|○○ ○○ ○○ ○○ド
|○○ ○○ ○○ ○○ア

こんな感じの席になった。
まな
ユンギ…どうしたの?
ユンギ
ちょっとな…
まなは?
まな
ジンから逃げてきた
ユンギ
逃げてきちゃだめだろ
まな
そう?
まな
だけど私帰ろうかなと思っててさ
ユンギ
そうか…
まな
じゃあね…
席を立った瞬間…
壁ドン
ユンギ
俺と二人きりになれたのに…
帰るの?(上目遣い)
まな
ちょっと…ね
ユンギ
ふーん……そう
まな
帰る…
手を握る
ユンギ
俺と一緒に帰らない?
まな
あ、うん…
教室を出たら
???
まな!
まな
ジン?
ジン
探したんだぞ。
俺も一緒に帰りたいな
まな
ユンギ、いいい?
ユンギ
いいけど…
まな
ありがとう!!
一緒に帰ろ!早く用意してね!
ジン
おけ!
ユンギ
(2人で帰りたかったのに…)
昇降口
ジン
お待たせ!
まな
帰ろっか!
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..
ジン
俺こっちだから
じゃあね
ユンギ
俺もこっちだから。
まな
そっか…
じゃあまた明日ね!
ジン
小声で)後で○○♡☆公園にきて
まな
小声で)了解
この後公園に行って…
NEXT→→ジンとまた遊ぶんだよ!

次の話もあるからぜひ見てください!