無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

せ ん ぱ い
先輩が尊いよぉぉッ
え、なんか、うん。

かっこよすぎてなんも言えん()
学校ついた時たまたま居てさぁぁッ
挨拶しようと思ったけど、眩しすぎて近づけなかった()
部室行ってから挨拶したけどね()
階段のところで、もう1人のイケメン先輩が合流してさ(((
ほんと、やばかった()
最初にいた先輩➦Y先輩
あとから来た先輩➦K先輩
Y先輩『K〜おはよぉ』


K先輩『あ、はよ』
この時点で尊いやん!?
Y先輩『あ、ここの単元、後期中間でるってさぁ』

K先輩『えぇ…やだぁ…』
うん、K先輩かわよッ
〜部室〜
僕『あ、先輩おはよーございます!』


Y先輩『おはよ』


K先輩『…はよっ』
あ、尊い((((


塩でも良き()
〜音楽室〜



僕『O先生〜泣 教室に部活で使うやつ忘れてきちゃったみたいで💦』

O先生『でも、今日…本館はいれないんだよねぇ…』

僕『どーしましょう泣』

O先生『あ、確かKくんの予備のネックストラップあった気がする…。(本名)ちゃん、リードは予備ある?』

僕『あ、リードはあります!』


O先生『じゃあ、ネックはKくんに借りよっか!』


僕『あ、はいっ!』

O先生『Kくん〜?(本名)ちゃんに、予備のネック貸して貰えない?』

K先輩『いいっすよ』
うん、やさしッ
O先生『じゃ、(本名)ちゃん!Kくんについて行ってね(笑)』


僕『はい(笑)』
〜部室〜
K先輩『これで大丈夫?長さは勝手に調節しちゃっていいからね〜』

僕『ありがとうございますッ!(◜࿀◝ )』

K先輩『いーえ(◜࿀◝ )はい、どーぞっ』
…おててがめっちゃ綺麗やった(◜࿀◝  )
…つーことがあったんすよ()
しかも、部活途中にね!?
Y先輩『あ、Kー!いたぁ!』


…かわよ

K先輩『んぇ?なぁに?』

……ッ(言葉で表せない可愛さ)

Y先輩『これちょっとみてっ!』

K先輩『ん〜?いーよ』
K先輩とY先輩の絡みまじ尊い()
学校にいる僕の推し(◜࿀◝  )
『今日も今日とて推しが尊いッ』
------------------------------------------------


.*・゚余談 .゚・*.


実はY先輩と塾一緒なんだぁ!

しかも、曜日までッ

たまに時間も被るんだけどさッ

先生にちょー反抗期なんよ

ギャップ萌えにやられまくってる()
今度は挨拶ちゃんとしたいなぁ笑