無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

42
2021/09/21

第15話

FIFTEEN
すると、ビックリした。


京本さんはスマホを2台取り出して
片方に何か打ち込んでいて
もう片方は通知を確認するだけで終わった。
『え、京本さんって2台持ってるんですか?』


「あ、はい!仕事用と私物用で分けてます!」


『へ〜そんなこともするんですね!』


「多分、松村くんもやってるんじゃないですか?」


『北斗がですか?』


「はい。松村くんレベルならやりそうだなーって?」


『今度、聞いてみようかな...』
でも、その瞬間。
私の頭によぎったのは...






“私の連絡先はちゃんと私物用のスマホに入っているのか。”






っと言うものだった。



私の連絡先が仕事用のスマホに入っていたらどうすればいいんだろう。


とか、


前に目で追ってた人の連絡先は持っているのだろうか...


等がどんどん出てきてしまった。