無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

あれから、2時間後










西畑 : 「 やったああああ!! あなたがあなたがっ♪ 」


高橋 : 「 うん、2時間たってもこれは凄い笑 」


道枝 : 「 大吾くん大丈夫かな、笑


西畑 : 「 ん?みっちーなんかゆーた?笑 」


道枝 : 「 ああっ、あ、えと!大吾くんが幸せそうで
こっちまで笑顔なるってゆーか、なんとゆ
ーか、、笑 」


藤原 : 「 ちょ、みっちー、



西畑 : 「 みっちー!!ありがとうなぁ~!!
良い後輩持った!! 」


『 みっちー、、 』


道枝 : 「 あなたちゃんごめんなさい!! 」


『 みっちー、大丈夫! 』

『 大吾っ!!!』


西畑 : 「 ん~??なんでしゅか?あなた~?? 」


『 ちゃんと喋れ笑 』


西畑 : 「 あ、はい () 」


『 あなたの言いたいこと聞いてや?? 』


西畑 : 「 聞く!! 」



長尾 : 「 2時間もこんなんやったならあなたちゃんが言えばよかったんですね笑



大橋 : 「 そやな笑



『 ってことであなたの話聞いてね!!笑 』



なにわ男子ーあなた

「 はいっ!! 笑 」