無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

その後 ―ご― 計画
家に帰ってくるともう7時。
YOU
YOU
結構遅くなった···
ソユン
ソユン
子供皆お腹すいてるかもね
サラン
サラン
急いで作ろッ
私たちが料理に取り掛かろうとした時
テヒョン
いいよ、大変でしょ
ジミン
今日はもう外食にしちゃおうよ
ジョングク
そうそう!そうしよ
3人のママはホントにパパたちに救われてます。

と、“ピンポーン”まさかのインターホン。
ジョングク
こんな時間に誰かな〜
グクがカメラを見ると
ジョングク
ヒョンだー!
大声で叫びました。


すると集まる私たちと一緒に喜ぶ子供。



パパたちがオッパたちの事『ヒョン』って呼ぶからもう反応早くて。
テヒョン
ヒョン今開けるからね〜
って受話ボタンを押してテヒョンオッパが話すと、ジミンがドアを開けた。
ヒョンライン
おじゃましまーす
YOU
YOU
あ、オッパたちも外食行きますか?
私はオッパたちに事情を話しながら外食に行こうと誘ってみた。
ホソク
いいね〜♡ジェヒたちと初めてのご飯だ〜
ユンギ
いいな
ソクジン
賛成でぇぇす☆
ナムジュン
子供の前で物を破壊しないよう頑張りますㅋㅋ
そしてオッパたちと外食に行く事が決まった。