無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

にじゅうさん。
あなたside
ジミン
あなた大丈夫ッ?僕がいるから
YOU
YOU
うんッ···ありがとう
ジ ミ ン オ ッ パ の 腕 の 中 で 私 は 静 か に ド ア を 見 つ め て い た 。
テヒョン
ソユン大丈夫だよ、きっとサセン
ソユン
ソユン
うん···テヒョン···
ソ ユ ン も テ ヒ ョ ン オ ッ パ の 腕 の 中 に 逃 げ 込 ん だ 。
ジョングク
サラン大丈夫。僕いるよ?こっちおいで
サラン
サラン
うん、オッパ···。怖い
サ ラ ン は も う 泣 い て い た 。

そ り ゃ そ う だ よ 、 い く ら 卒 業 し て た っ て ま だ 子 供 だ し ··· 。
サセン
ドア開けろよッ!付き合ったからって調子乗りやがって。居るの分かってんだよ!
ヒ ョ ン ラ イ ン の オ ッ パ た ち は サ セ ン だ と 呟 い た 。
サセン
おいッ。出てこれねーのかよ!
叫 ぶ サ セ ン に 怒 っ た 様 子 の ヒ ョ ン ラ イ ン 。
ジョングク
ヒョン。マネに連絡ッ
テヒョン
うん!
ジミン
早く
テ ヒ ョ ン オ ッ パ は ス マ ホ で マ ネ に 連 絡 し た 。
そ し て し ば ら く し て マ ネ が 家 の 前 に 何 人 も 現 れ 、 サ セ ン が い な く な っ た 。
マネ
大丈夫でしたか?
マ ネ は す ご く 心 配 し て い た 。