無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

じゅういち。
あなたside
実 は 今 お 悩 み 中 で す 。

お 風 呂 が 終 わ っ て し ば ら く し た の で 寝 よ う か と 思 っ て た ん で す け ど も 。



自 分 た ち 用 の 部 屋 が 3 つ し か な い の 。


嫌 が ら せ だ よ ね ! ? ㅋ ㅋ





他 に 部 屋 た く さ ん あ る の に 。
テヒョン
ねぇ···僕ソユンと部屋一緒がいいなぁ
ソユン
ソユン
わ、私も一緒がいい···
え 、 い ち ゃ ら ぶ 組 ソ ッ コ ー じ ゃ な い で す か 。
ジミン
僕、あなたと一緒の部屋がいいな
ジョングク
僕はサランと同じ部屋がいい!!!
YOU
YOU
えッ。いいよ···///
サラン
サラン
ジョングクオッパ!?まぁいいですよッ///
は い 、 決 ま り ま し た ㅋ ㅋ

じ ゃ あ ~


と 言 い な が ら 自 分 の 荷 物 を 部 屋 へ 移 す 。



そ し て そ れ ぞ れ に《🐷と🐶の部屋》 《️🦁と🐱の部屋》 《🐰と🐥の部屋》 と い う 看 板 を 部 屋 の ド ア に か け た 。