無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第37話

その後 ―なな― 寝る時間
外食から帰ってきたらさっさと子供たちをお風呂に入れましょ🙋
ジェヒ&ジャへ
(*´>∀<`*)キャハッ
ノア
o(*^▽^*)oあはっ♪(バチャバチャ)
チェファ
(*´罒`*)
子供たちはお風呂を満喫してるようでㅋㅋ







水かけすぎて頭から体から足からびっちゃびちゃ。






という事で髪の毛をドライヤーで乾かすけど嫌がって嫌がって仕方ない(´Д`)ハァ…
















仕方ないと自然乾燥させちゃいました←




それからしばらくして今度は皆寝ます〜。
パク宅
おやすみ〜
キム宅
おやすみ!
チョン宅
おやすみッ♡
子供と挨拶を交わして子供は部屋で寝ます。


もう皆お風呂入ったらだいぶ眠たそうにするから抱っこしなくてもすぐ寝ちゃうんだな〜ㅋㅋ
YOU
YOU
わ〜。子供ってやっぱ可愛いね
ジミン
え?僕は?
ソユン
ソユン
分かる!ホントに可愛い
テヒョン
ソユン!?
サラン
サラン
子供といると癒される~
ジョングク
え、サラン···!
ヤキモチ妬いちゃうパパたち。




やっぱ子供っぽさ残ってるねㅋㅋ
YOU
YOU
じゃあ私達も寝よ
サラン
サラン
だね!
ソユン
ソユン
おやすみ〜
あったかい布団に丸まって一日を終えました。