無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

にじゅういち。
部 屋 に 入 ろ う と し た 瞬 間 。

“ピンポーン”


イ ン タ ー ホ ン が 鳴 り ま し た 。
誰 が い る の か カ メ ラ で 確 認 す る と 、 B T S の オ ッ パ た ち 。
ジョングク
ヒョーン♡
テヒョン
ヒョンが来てるッ
ジミン
早く開けようッ
私 た ち は B T S の ジ ン オ ッ パ た ち を 家 に 入 れ た 。
ホソク
おじゃまし···広くない!?
ホ ソ ク オ ッ パ 。

リ ア ク シ ョ ン が 早 い ん だ か 遅 い ん だ か ㅋ ㅋ
ソクジン
6人だけでこんな大きな家に住めるなんて~
ユンギ
俺ここ住もっかな
ナムジュン
ヒョンすぐに追い出されるよㅋㅋ
皆 さ ん 盛 り 上 が っ て ま す 。
テヒョン
いいでしょ~
ジミン
ねね、言わなくちゃ!
ジョングク
そうですねッ
深 く 息 を 吸 い 込 む 3 人 。
マンネライン
僕たちカレカノになりましたァァァァァ!
声 で っ か い よ ッ !

反 動 で 耳 を 塞 ぐ と 妹 た ち も 同 じ 事 し て ま し た ね ㅋ ㅋ
ヒョンライン
まじで!?
や っ ぱ 驚 く よ ね ㅋ ㅋ
ジミン
僕はあなたと付き合ったの~
さ り げ な く 私 を 抱 き 寄 せ る ジ ミ ン オ ッ パ 。
テヒョン
僕はソユンとッ♡(ギュッ)
テ ヒ ョ ン オ ッ パ は ソ ユ ン と 顔 を 近 づ け て イ チ ャ イ チ ャ し て ま す 。
ジョングク
僕はもちろんサランだよ♡(チュッ)
や 、 こ の 場 で 普 通 に キ ス し ま す ! ?

し か も ··· 。



口 や ん ッ ! !
ソクジン
ジョングガお前いつからそんな事···///
ユンギ
3人とも末っ子のくせに無駄な事ばっか取得しやがって///
ホソク
うわ~///
ナムジュン
リーダーの前でイチャつくな~///
や ~ / / / 見 ら れ て も う た !
ヒョンライン
ま、僕/俺らも彼女いるしい~か(  ˙-˙  )
や 、 は ! ?
WHITEGIRLS
WHITEGIRLS
いるんですかッ!?
突 然 す ぎ ま す よ ね 。