無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
299
2019/08/22

第2話

先生と禁断の恋。M.yosinori

youside



















『先生ーーー!!!!!またきちゃった!』














正門先生「またさぼりですか?ほんと懲りないですね」





















正門先生は保健室の先生
私、実はねこの高校にはいってからずーっと正門先生のこと好きだったんだー(((
















『正門先生に会いに来た!!!』


















正門先生「昨日も来たでしょ?」














『だって正門先生のこと好きなんだもん』

















正門先生「はいはい。」


















『ねーちょっとーー!!!!!』

















正門先生「こんな年上に恋するより同級生に恋しなさい。」























『やだっ!!!正門先生のほうがいいもん』


















正門先生「先生もそんな構ってられる暇ないの」
















『って言いながらいつも構ってくれてんじゃんー』

















正門先生「仕方がなく構った上げてるだけ。」
















『へーーーーーーそうなんだぁー(((ニタァ』













正門先生はいつも嘘をつくとき鼻をかく癖がある


















いまもかいてた笑
ホント好きだわー((((((((

















『ねー正門先生独身でしょ??私じゃだめ?』















正門先生「年齢的にアウトだろ?どう考えても。先生と、生徒やで」

















『じゃあ、私が卒業したら付き合ってよ、』

























『だめ?』
























すると





















正門先生が耳元で
























『「じゃあ卒業式の夜あけといてね?」』



















そう言って、先生は部屋を出た






















先生、期待してもいいですか?





















……………………………




















口調が全然似てないかも笑