プリ小説

第8話

❤️________ 4 の 2
エイジサイド))

冷たくされてから約1ヶ月がたつ
もう俺限界かも(´;ω;`)
そう思いながら時計を見る
エイジ
もう12時か。おきよ
重い体を頑張って起こし、リビングへ向かう案の定あなたは隣に寝ていない。
エイジ
もう出かけたのかな...?
ガチャ(リビングのドアを開ける音)
エイジ
おはよ、、う?
カーテンで暗くなった部屋
そこにはたくさんの料理とハッピーバースデーと飾られていた部屋
今日って誰かの誕生日?
あなた
エイジ!ハッピーバースデー!!!
え?あなた????
エイジ
ええ??
あなた
今日はエイジの誕生日だよ!
わすれちゃったの?笑笑
あ、そうだ10月30日は俺の誕生日だ
あなたのことを考えてたからわすれちゃったのかな?
エイジ
そーだったわ
あなた
え?ほんとに忘れてたの!?
エイジ
うん。
あなた
エイジらしいけどね笑笑
ね、なんでそんなに笑ってるの?
この1ヶ月どうしたの?聞かなきゃちゃんと、
エイジ
ね?あなた?
あなた
ん?どーした??
エイジ
この1ヶ月どーして
冷たくしたの(´;ω;`)
あなた
ちょ、エイジ泣かないでよ!
無理だよ、なみだずっと我慢してたんだから泣かせてよ。
エイジ
ご、ごめん!
あなた
実はね、1ヶ月間バイトしてました!
エイジ
え?
あなた
エイジの誕生日プレゼント倍にして返したかったの!だから朝から夜までバイトしてました!
えええ?そーゆうことだったの?
でも良かった、浮気じゃなくて。
エイジ
でも、なんで冷たくするの?
あなた
だって、エイジ勘が鋭いからバレちゃうと思って
エイジ
そーゆうことだったんだ(´∀`)
あなた
うん!ごめんね?( ♡¯³¯ )
エイジ
もういいよ!嫌いになったのかと思ったけどね
あなた
エイジのこと嫌いになるわけないじゃん(*´∀`*)
あなたの笑顔久々に見た。
ほんとにこの1ヶ月間寂しかったけどもう大丈夫みたい。
エイジ
ほんとちょろいな俺
あなた
ん?なんか言った?
エイジ
ううんなんも
あなた
ふーん。
あの後アバンティーズのみんなも帰ってきて最高の誕生日会ができた。
そして寂しかった分あなたにめっちゃ甘えたよ笑笑
そりゃー、いっぱい!!!笑笑
エイジ
あなた?
あなた
ん?
エイジ
愛してるヽ(*'ε`*ヽ)
あなた
もー///////
幸せな時間をこれからも2人で生きることを誓います。

E N D

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ほ し
ほ し
初 心 者 で す 🌱 投稿休止中、時間はかかりますが復活します🙇