無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

先生
あ〜...
担任が気まずそうに顔を掻く。
なんですかね??
先生
フードとマスクをとってもう1回言ってくれないか?
ピシッ



どこかでそんな音がしたと思う。



硬い石が砕け散るかのような音___
あなた

嫌です。

フードを深く握りしめ、スパッと断る。絶対に嫌だ。
モブ
フードくらい脱ぎなよ転校生くーん
金髪で眼鏡をしてる奴に言われる。


は?レンズ割るけど大丈夫?
あなた

ぜっったいにいやですっっ!!

先生
お、おう...。


_休み時間_
はぁぁぁ...すんげぇ、気力使ったァ...
女子生徒
ねぇねぇ、あなたくん!
あなた

ビクッ‪Σ( ˙꒳​˙ ;)

あ...女子生徒か。てか、最初から名前呼び??


普通は苗字で呼びあって仲良くなったら名前呼びなんじゃないの??


あ、答えないと。
あなた

なんですか

女子生徒
マスクとフード、とってくれない?!
いきなり女子生徒がそう大声で言うと、俺の席はすぐさま女子生徒で囲まれた。


(え??いじめ??)


相変わらず男子生徒の視線が痛い。
あなた

絶ッ対嫌ですッ

女子生徒
ガード強いねぇ〜...あ、じゃあさ!
女子生徒
サッカー部入らない?!
えッ勧誘?今?なんで?
女子生徒
あ、ずるーい、野球部も部員募集してるんだ〜
女子生徒
水泳部!
キーンコーンカーン...
女子生徒
あ、予鈴なっちゃった、ばいばーいあなたくん
はぁ...やっと一人になれた...