無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

あなた

(授業めんどいなぁ...)

先生に見れないように落書きをする。


上手くかけた〜!!可愛い!
先生
帰りの会にノートを提出してくれ
あなた

( ˙-˙ )

消しとこ...( ´・ω・`)


授業めんどいので寝ていたら、帰りの会に


なっていました〜ぴえん🥺



女子生徒とかに捕まりたくないので、早く帰ろう。
あなた

...あ。

体育館で《キュッキュッ》と懐かしい音がする。


もうやめると決めたけど...見るだけならいいよね
開いているドアの隙間から中を覗く。
(試合中かな?それにしても...)



(へったくそだなぁ...。)
あのまま全国出たら、すぐやられちゃうんだろうなぁ...
あっ!
あなた

‪Σ( ˙꒳​˙ ;)

ボールがこっちに向かってくる。


え?なんで?バレーボールって当たったら痛いよね?


よ、よし!キャッチしよう!
せーの...
あなた

ポンッ

ヴァッ...アンダーパスで返してしまったなう( ´・ω・`)
↑こんなん
すっげーな!バレー部入るの?!
え、何この人、ズイズイくるなぁ...


え?オレンジ色の髪?不良くん??
日向 翔陽
日向 翔陽
俺は、日向!
日向 翔陽
日向 翔陽
お前は?
凄い顔が近付いてくる。こわぁ...陽キャ怖いよぉ...
あなた

俺は白崎しらさき あなた...。

日向 翔陽
日向 翔陽
あなたって言うのか!よろしくな!
え、こわ、皆名前で呼ぶやん。なんで?