無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15
おにぎりを落とさぬよう、気を付けて体育館に向かう。
あなた

皆さん、お昼ですよ

今は、フードが邪魔なので、被ってないよ!被ってたら、おにぎり落としちゃうもん!(((((
日向 翔陽
日向 翔陽
ありがとうな!ヒョイッ
おいおい、手を洗え、俺が真心込めて握ったんだぞ(((((
田中 龍之介
田中 龍之介
潔子さんが握ったおにぎりが...ハワハワ
西谷 夕
西谷 夕
うめぇ!!!(クソデカボイス)
影山 飛雄
影山 飛雄
ありがとうございます、もぐもぐ
あなた

俺も食べていいですか?

谷地 仁花
谷地 仁花
えッ、食べちゃダメなのッッ?!もぐもぐ
やっちゃんが、おにぎりを頬張りながら、言う。
あなた

ふふ、いただきます。

おにぎりを食べてみると、結構美味しかった。塩加減も良くて、美味しい。



・・・皆が食べ終わると、練習が再開された。
俺は、二つ、おにぎりを、サランラップで包んでいた。
谷地 仁花
谷地 仁花
あなたちゃん、おにぎり包んでどうするの?
あなた

家で、食べるんです。

あなた

一つは俺ので、もう一つは、兄弟のです。

谷地 仁花
谷地 仁花
あなたちゃん、兄弟がいたんだね!
あなた

うん

にこりと笑って、おにぎりを包んでいく。