無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

モブ
ワァァァァッ...
歓声が鳴り響く。


だだっ広い体育館の中





俺は何も考えずにただ





突っ立っていた。
モブ
...は?まけ...た?
俺の後ろで仲間がぽつりと言う。




その言葉に重ねるかのように他の仲間が言う。
モブ
う、そ...だよな?あなた...?
仲間達が俺を見つめる。



汗がふきでる。



さっきまでボールを触っていた指が震える。



やめてくれそんな目で俺を見ないでくれ。