無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

359
2020/07/12

第93話

🎴
You side
あなた

もうだいぶ暗くなってきたね。

影山 飛雄
そうだな…
あなた

そろそろ帰ろう?

影山 飛雄
……おう…
本当は帰りたくない…

まだ一緒にいたい…
影山 飛雄
あのさ…
あなた

ん?

影山 飛雄
このタイミングで申し訳ないんだけど、向こうに行ったら星がめっちゃ綺麗なとこがあるんだけど、一緒に行かねぇか?
星…

見たい……
あなた

うん!

*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*☼*


飛雄はどんどん人気もあかりも無い道に入っていった…

ほんとにこんな場所に星が綺麗に見える所があるのか…

私は正直不安だった…
あなた

ね、ねぇ、飛雄……
ほんとにこっちで合ってるの……?

影山 飛雄
うん……多分。
あなた

多分って…
ねぇ、私、怖いんだけど…
やっぱり帰らない?

影山 飛雄
大丈夫。俺がいるから。
俺はあなたと一緒に見たい。
そう行って飛雄は手を繋いで歩いてくれた。

飛雄の手はすごく大きくて暖かくて…

安心できた…
影山 飛雄
もうすぐ着くよ。
*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*☼*

到着
影山 飛雄
上見て。
あなた

うん…

そこにはたくさんの星を空にばらまいたように

満天の星空が広がっていた…
あなた

わぁ…綺麗……

影山 飛雄
だろ…?
小さい頃に泣いた時によく母親に連れてきてもらったんだ。
影山 飛雄
学校よりも綺麗に見えるだろ?
あなた

うん…

そして2人の間に沈黙が流れた…

不思議と苦痛ではなかった…

これも星空効果なのかな…?w

今日、一緒にデートに来てよかった…
影山 飛雄
なぁ…
あなた

ん?

沈黙を切り裂くように飛雄が口を開いた。
影山 飛雄
思い出させるようでホントに申し訳ないんだけど…
影山 飛雄
あいつから守ってやれなくてごめん。正直仲直りしてからもちょっと引き摺ってた。ほんとは仲いいフリしてんじゃねぇのかとか、嘘ついて俺と一緒にいてくれてんじゃねぇのかとか…不安だった…
影山 飛雄
でも今日、一緒にデートに行って確信した。あなたは俺が守りたい。他のやつと一緒に楽しそうにしてるあなたなんて見てられない。さんざん傷つけといて何言ってんだって思うかもだけど、あなたが一緒にいてくれないと、俺、何も出来ねぇ。どんだけ助けられてか身に染みてわかった。
影山 飛雄
2度目の仲直り…じゃないけど…
これからも…よろしくお願いします…
あなた

……うん。もちろん。

影山 飛雄
っ…
ありがとう。大好きだ…
そう行って飛雄はキツくでも優しく…

抱きしめてくれた…
あなた

私もだよ…

影山 飛雄
…うんっ…
影山 飛雄
将来は絶対結婚してあなたを幸せにしてみせる。だから……もう…
他のやつのとこに行くとか言うなよ…
あなた

うん。どこにも行かない。

影山 飛雄
歳とっても、死んでからも…
追っかけて…大好きだって…愛してるって言うからな。
あなた

ありがとうw
でもちょっと怖いw

影山 飛雄
はぁー…大好きだよ…
愛してる……世界中の誰よりも…
あなた

私も。

影山 飛雄
抱きしめてこんなに好きって言ってんのに…まだ足りねぇ…
影山 飛雄
なぁ…今日、俺ん家泊まってけよ…
あなた

え、でも…

影山 飛雄
大丈夫だって…
今日、親仕事でいねぇから…
あなた

そうじゃなくて、明日学校…

影山 飛雄
そんなのどうでもいい。
あなた

どうでも良くないよ!!

影山 飛雄
なぁ……ダメか?
あなた

っ…

そんな母性くすぐられるような言い方されたら

私も断れないよ!!

でもダメなものはダメ!!
あなた

ダメっ!

影山 飛雄
そ、そっか…
影山 飛雄
じゃあ…
じゃあ…?






































チュッ…
影山 飛雄
キスだけ。




























私の彼ってなんでこんなにずるいんですか…


























たくさんわらったよね

たくさんけんかしたよね

練習もきつかったよね

試合緊張したよね

先輩に怒られた時は怖かったよね

ディズニー、楽しかったよね。

合宿大変だったよね

疲れたよね。



私、飛雄の笑った顔が大好きだよ。

喧嘩して泣きそうな顔してるの見てると辛かったよ。

練習頑張ってる飛雄、かっこよかったよ。

試合で活躍してる飛雄を見ると勇気を貰えた。

先輩にも負けないっていう強気なところに憧れてた。

ディズニーの帽子、似合ってて可愛かったよ。

合宿は飛雄が1番輝いてたよ。



こんな私を好きになってくれてありがとう。








❦ℯꫛᎴ❧