第55話

嫌な予感
1,197
2020/07/26 13:31





じんside








今は新しいアルバムの撮影をしている。
僕はいつもどーり一番最初に撮り終わる。
みんなが終わるのを控え室で待っていようと向かっていると撮影に向かうほそくに出会った。
じん
じん
やあ!撮影頑張れ!
ほそく
ほそく
はーい!ありがとうございます!
いつもどーり通り過ぎようとすると…
ほそく
ほそく
ひょん。
ほそくがまた話しかけてきた。
そうして衝撃なことを言った。
ほそく
ほそく
あなたもしかしたら誰かに狙われてるかもです。もう撮影終わってるならあなたの所へ向かって少しでも1人にはさせない方がいいと思います。
じん
じん
ど、どーゆー事だ?
ほそく
ほそく
前みたいにあなたが襲われるかもってことです。この前病室で視線を感じました。下手したら殺されるかも…
じん
じん
ほそく!マネージャーに言っといて!
ほそく
ほそく
はい!
僕は無我夢中で走った。
あなたが居ない人生は嫌だ。
これから先もずっとあなたと過ごすのに。












あなたの病室に着くと知らない女があなたに襲いかかろうとしていた。
じん
じん
やめろ!


















その言葉はそいつには届かなかった。

プリ小説オーディオドラマ