無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

264
2020/05/18

第7話

廃墟のエレベーター(オリキャラ)
あの…本当に行くのですか…?
椿
うん!行くよ?
うぅ…

私たちは今廃墟になった病院に行こうとしています…
怖いから行きたくないのですが…
あの!私だけ残っても…
椿
ダメ!一緒に行くよ!
聞く耳を持ちません…(    ´•ω•`)
しょうがない!私も女です!そこは男じゃ…By作者((うるさいです!
行きましょう!
よし!覚悟を決めました!行きましょう!
椿
そう来なくっちゃ!GO!

廃墟の中
椿
椿
ほんとになんもねぇな!(大声)
うっ…ちょっと静かにしてください…
椿
あっ!ごめんね!
椿
あれー?エレベーターがあ…え?
椿
なにこれ?
なんですか…って、え?
そこには血が溜まっており、赤く、潰されたような跡が残っていた
椿
ちょっともっと近くで調べよ!
(エレベーターの下?に近づく)
そんなに近づいたら怖いですよ!(椿から離れる)

そう言った瞬間、エレベーターが降りてきた
_______________________
ぬんぬんぬっし
どうも、こんにちは
ぬんぬんぬっし
可燃ごみです。
ぬんぬんぬっし
今回の物語はですね、かなりグロテスクですね…
ぬんぬんぬっし
この物語には怖い点が2つほどあるんですよ。
ぬんぬんぬっし
廃墟のエレベーターは、次の次に解説します。
ぬんぬんぬっし
ブレーカーを先に次回、解説させていただきます。
ぬんぬんぬっし
それでは、
ご〜きげんよぉ〜(*´罒`*)ニヒッ♪
こらっ!
ふへへ…ごめんなさい( ・∇・)