無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

_☁4
ユー
ユー
いや、知らんかった。こんな所にスタバがあるなんてぇぇぇ(  '-'   )
ジョングクセンセー
ジョングクセンセー
なんなんだよ
ユー
ユー
なんなんでしょう
ジョングクセンセー
ジョングクセンセー
ここのスタバ誰が働いてると思う?
ユー
ユー
店員
ジョングクセンセー
ジョングクセンセー
そりゃそうでしょ
ユー
ユー
んー、何、誰が働いてるか?
ジョングクセンセー
ジョングクセンセー
うん
ユー
ユー
ジョングクのお友達。























︎︎


ユー
ユー
あ、ごめん。ジョングク友達いなかったんだわ☆
ジョングクセンセー
ジョングクセンセー
いや、いるわ
ユー
ユー
え。初耳ぃぃぃぃぃぃぃ~!!
ジョングクセンセー
ジョングクセンセー
え。なにIKKOさんのまぼろし~的な?
ユー
ユー
よくお分かりでwww
ジョングクセンセー
ジョングクセンセー
でね、ここには俺の彼女が働いてるの
ユー
ユー
彼女呼んで
ジョングクセンセー
ジョングクセンセー
おけこちゃん
数分後……
ジョングクセンセー
ジョングクセンセー
おい。スタバで寝ようとすんな
ユー
ユー
別にいいじゃん
ジョングクセンセー
ジョングクセンセー
迷惑っていう言葉を知らないの?
ユー
ユー
あー、はいはい知ってる知ってる。
ジョングクセンセー
ジョングクセンセー
で、彼女
ナヒチャン
ナヒチャン
こんにちは!!
わーお。
︎︎

















︎︎