無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

46
2021/08/09

第30話

友達
それから3日が経った
私はいつも通り授業を受け、外のベンチでくつろぐ
帰ったらたこ焼き器出さないとな
今日はゼミで一緒の女の子達と家でたこ焼きパーティーをすることになった
前に恵美とノリで買ったたこ焼き器がこうゆう時に役に立つとは
近藤 風夏
近藤 風夏
あの…里佳ちゃん
そんなことを考えていると突然風夏ちゃんから声をかけられた
天野 里佳
天野 里佳
え、あっどうしたの?
あの時から風夏ちゃんとは話していなかったので私はあからさまに戸惑ってしまう
近藤 風夏
近藤 風夏
ごめんなさい
そう言い頭を下げられた
近藤 風夏
近藤 風夏
私最低なことしちゃって…
天野 里佳
天野 里佳
あの後警察に相談したって言ったけどどうなったの?
近藤 風夏
近藤 風夏
一生関わらないってお互い誓約書出して別れた…
私はホッと胸を撫で下ろす
それならよかった
もう風夏ちゃんを苦しませるものは無くなったんだ
近藤 風夏
近藤 風夏
私ずっと2人に謝りたくて…
天野 里佳
天野 里佳
もう、大丈夫だよ
風夏ちゃんが本当はいい子だっていうことが伝わってきた
私は風夏ちゃんに右手を差し出した
天野 里佳
天野 里佳
もう一度友達になってください
私がそう言うと風夏ちゃんは涙目になって手を握る
近藤 風夏
近藤 風夏
はいっ
.
友達1
里佳ん家始めてでワクワクする
友達2
私も!
天野 里佳
天野 里佳
どうぞどうぞ
友達3
お邪魔しまーす
放課後になり私達は約束通りたこ焼きパーティーを開催する
友達2
里佳冷蔵庫借りるね
天野 里佳
天野 里佳
うんっ
それから時間が経ち私達はたこ焼きを食べながらたわいもない話をする
友達3
そういえば里佳って彼氏できたんでしょ?
天野 里佳
天野 里佳
え、なんでそれを…
友達1
あー恵美が言ってたよね
恵美め…
明日会ったら一発言っとかないと
友達3
かっこいい?
友達2
写真ないの?
次々に質問がくる
天野 里佳
天野 里佳
いやないけど…
そういえば写真って撮ったことなかったな
本人は絶対嫌がりそうだけど
友達2
えぇ見てみたいなー
そう言った瞬間家のインタホーンが鳴った