無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

64
2021/07/20

第2話

可哀想
倉田 恵美
倉田 恵美
おはよう里佳
あの後大丈夫だった?
天野 里佳
天野 里佳
あぁうん、それがさ…
倉田 恵美
倉田 恵美
朝起きたら通知が沢山来てた!?
私は今朝の出来事を話した
そう、私はあの後家に帰りそのまま寝てしまった
朝目が覚めてスマホを見るとこれでもかというぐらいメッセージがきていた
一通り目を通すと最初は愛想がよかった文章だったがだんだんと喧嘩腰になっていたのだ
倉田 恵美
倉田 恵美
ちょ、それやばいんじゃ…
天野 里佳
天野 里佳
だよねいつか刺されそう…
冗談半分に言ったけれど本当にそんな気がしてきた
私彼女さんになんか腑に触るようなことしたっけ
そんなことを考えているとスマホが鳴った
天野 里佳
天野 里佳
あれ、匠海だ…ちょっとごめん
恵美に背中を向けてスマホを耳に近づける
今更電話してきてなんなんだろう
天野 里佳
天野 里佳
もしもし
匠海
あ、もしもし里佳!
昨日も聞いた声のはずなのに何故か泣きそうになった
天野 里佳
天野 里佳
…なに
匠海
ごめん俺の彼女が昨日からメッセージ沢山送ってたらしくて
なんだそういうことか
別に私に用があって電話したわけじゃないんだ
天野 里佳
天野 里佳
あぁうん大丈夫気にしないで
匠海
本人がさ直接謝りたいらしくて明日の夜って時間取れる?
天野 里佳
天野 里佳
えっ…
ほんとに昨日の今日で反省しているんだろうか
すると電話越しから微かに泣き声が聞こえてきた
天野 里佳
天野 里佳
…うん取れるよ
匠海
お、じゃあ6時に駅前のカフェでよろしく
わかったと答え、電話を切った
倉田 恵美
倉田 恵美
なんだって?
恵美が心配そうな顔でこちらを見ている
天野 里佳
天野 里佳
…明日匠海と彼女さんに会うことになった
倉田 恵美
倉田 恵美
えっなんで
天野 里佳
天野 里佳
直接私に謝りたいんだって
倉田 恵美
倉田 恵美
大丈夫なの?嘘ついてるかもしれないし
私も最初はそう思ったけれど微かに聞こてきた泣き声に少し可哀想だと思ってしまった
天野 里佳
天野 里佳
まぁその時はその時だよ
このままモヤモヤしたまま終わりたくないから
倉田 恵美
倉田 恵美
里佳1人で行かせるのは不安だから誰か彼氏役で行ってもらおうよ
倉田 恵美
倉田 恵美
その方があっちの彼女も匠海に未練は無いんだなって思うだろうし
天野 里佳
天野 里佳
まぁ確かに
天野 里佳
天野 里佳
でも仲良い男子周りにいないよ
同じゼミでも挨拶程度しか会話をしたことがない
倉田 恵美
倉田 恵美
私の友達紹介してもいいけど絶対喧嘩腰でいく人だからな…
多分今恵美の頭の中で沢山の男の人が立候補にあがっているんだろう
どれだけ考えても上がって気そうにない恵美は突然閃いたようでこう口にした
倉田 恵美
倉田 恵美
あ、じゃあウチの弟でいいじゃん
あいつ無関心だから横に置いとけばいいし
天野 里佳
天野 里佳
いや流石に巻き込んじゃって悪いよ
しかも年下に頼るのも気を引けるし
倉田 恵美
倉田 恵美
大丈夫大丈夫
頼り甲斐はないかもだけど説得させるから
恵美はそう言っているけれど本当に大丈夫なのかな