無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

55
2021/08/01

第14話

無視
どこを探しても駆の姿が見当たらない
そろそろ着いていると思うんだけど
倉田 駆
倉田 駆
里佳さん
騒がしい人混みの中からはっきりと聞こえた
振り返ると息を切らした駆の姿があった
天野 里佳
天野 里佳
え、なんで!?
倉田 駆
倉田 駆
多分すれ違いになったんだと思います
さっき姉さんと会いました
そうだったんだ
全く気づかなかった
天野 里佳
天野 里佳
ごめんねわざわざ
近藤 風夏
近藤 風夏
あー!
突然どこからか声が聞こえてきた
声のした方へ振り向くとそこにいたのは前に会った猫の飼い主さんだった
近藤 風夏
近藤 風夏
キミこの前の!
笑顔でこちらに走ってくる
天野 里佳
天野 里佳
あ、こんにち…
挨拶をしようとすると私の横を綺麗に通り過ぎていき
近藤 風夏
近藤 風夏
また会えたね!
倉田 駆
倉田 駆
どうも
あれ、もしかして私のこと覚えてない感じかな
まぁたしかに喋った時間は短かったけれど
近藤 風夏
近藤 風夏
ここの大学なの?
倉田 駆
倉田 駆
違います
近藤 風夏
近藤 風夏
じゃあ私が案内するよ!
そう言い女の人は駆に腕を回す
おぉこの人やりなれてるな
倉田 駆
倉田 駆
別にいいです
駆は相変わらずの塩で腕を上手く離した
倉田 駆
倉田 駆
もう少しで姉さんの発表ですよね
時計を見ると残り10分で開始の時間だった
天野 里佳
天野 里佳
あ、そうだねそろそろ行かないと
近藤 風夏
近藤 風夏
ちょっと待ってよ
せっかくまた会えたんだし
倉田 駆
倉田 駆
そうゆうの迷惑なんで
駆はそのまま歩き出してしまった
女の人の方を見ると酷く落ち込んでいるようだった
天野 里佳
天野 里佳
ちょ、ちょっといいの?
倉田 駆
倉田 駆
いいんすよ
倉田 駆
倉田 駆
あの人里佳さんのこと無視したし
気づいてたんだ
天野 里佳
天野 里佳
いやでも忘れてるだけかもだし…
倉田 駆
倉田 駆
意識的に無視してました
そう言われたらグサッとくる
なんでシカトされたんだろう
モヤモヤしたまま恵美の場所へ向かった