無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

木兎光太郎 1


今は9月の末






あなた
あなた
ハックシュン🤧
あなた
あなた
うー...
寒い...
木兎光太郎
木兎光太郎
.....


バサッ🧥

あなた
あなた
えっ、何?
木兎光太郎
木兎光太郎
着てろ


光太郎から投げられたのはジャージだった

木兎光太郎
木兎光太郎
これから、寒くなるんだから、風邪なんか引くんじゃないぞ
あなた
あなた
う、うん...///


私は、いつもとちょっと違う光太郎にドキンとした


あなた
あなた
ハックシュ🤧
木兎光太郎
木兎光太郎
!!!


ギュッ

あなた
あなた
こ、光太郎?!
木兎光太郎
木兎光太郎
寒くなくなるまでな
あなた
あなた
...うん//
赤葦京治
赤葦京治
お願いしま....

.
.
.

赤葦京治
赤葦京治
失礼しました
あなた
あなた
わー!
京治待ってー!!
木葉秋紀
木葉秋紀
おっ、どうしたんだ?赤葦
赤葦京治
赤葦京治
あっ、木葉さん。
今は体育館に入らない方がいいですよ
木葉秋紀
木葉秋紀
なんでだ?
赤葦京治
赤葦京治
あなたさんと、木兎さんが抱き合っていたので、お邪魔しちゃうかと...
木葉秋紀
木葉秋紀
あー、なるほどね
木葉秋紀
木葉秋紀
じゃぁ、俺らはちょっとの間そこら辺ぶらついてるか
赤葦京治
赤葦京治
はい
あなた
あなた
待ってー!!!








事情を説明中の所から、次回は入っていきたいと思います!