無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

牛島若利 1
白鳥沢学園

他の学校と比べると少々偏差値が高いこの学校に、私は通っています。

そして今は2年生



私にもようやく、春が訪れました...!!!

幼稚園、小学校、中学校と、好きな人ができなかった私が、ようやく.....!!!
あの人のことを知ったきっかけは、私がバレー部の試合を見に行った時だった_______

あなた
あなた
さーてと、賢二郎頑張ってるかな〜??

私と健二郎は、小学校からの付き合いで、たまに試合を見に行ってます。

そこで、あの人の存在を知りました_______

バコンッ🏐💥

あなた
あなた
す、すごい音....

誰かも知らない、そんな人が打ったスパイクは、音が体育館中に響き渡り、私の心にも、響いてきた.....

誰かも知らないその人の事が忘れられず、賢二郎に聞いてみました。

あなた
あなた
ねぇ、賢二郎!!
白布賢二郎
白布賢二郎
何だよ
あなた
あなた
あの、この間の試合で、ナイスキー出しまくってた人って誰?!
白布賢二郎
白布賢二郎
牛島さんの事か??
あなた
あなた
牛島さん...
あなた
あなた
下の名前は?!
白布賢二郎
白布賢二郎
若利...
白布賢二郎
白布賢二郎
って、なんでだよ
あなた
あなた
いや、別に〜
あなた
あなた
(牛島 若利さん..か...///)

私が若利さんと話始めたのは、賢二郎に名前を教えてもらってから、間もなかった____


私が休み時間中に、ふざけて廊下を走っていたら________

男子
デブーーー!!
あなた
あなた
う る せーー!!
ダッ!!!
あなた
あなた
待てこらー!!
男子
捕まえれるもんなら、捕まえてみろ!
あなた
あなた
くそ....!!!

ダッ!!
ドンッ💥

??
大丈夫か?
あなた
あなた
は、はい
あなた
あなた
すいませんでし...た...。

私が顔を上げると、そこに居たのは、若利さんでした....。

あなた
あなた
若、利、さん...!?///
牛島若利
牛島若利
??
俺の事を知ってるのか?
あなた
あなた
あっ、あの!
あなた
あなた
この間のバレーの試合見に行きました!!
あなた
あなた
凄くかっこよかったです!!
牛島若利
牛島若利
....
あなた
あなた
(やば!)
あなた
あなた
あ、あの...!
牛島若利
牛島若利
ふ...
あなた
あなた
...?
牛島若利
牛島若利
そうか、試合見てくれたのか、ありがとうな(´∀`)
あなた
あなた
!!!
滅多に笑わなそうな、若利さんが笑った顔は、とてもキラキラと輝いていた.......