無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

木兎光太郎 2
事情を説明中___

あなた
あなた
だーかーらー!
あなた
あなた
私が寒いって言ったから光太郎がギュッてしてくれただけなの〜!
木葉秋紀
木葉秋紀
へ〜...
あなた
あなた
信じてないな〜!!
木葉秋紀
木葉秋紀
いや〜、でも明らかに、あなたがにやけてたし...
あなた
あなた
うぅ.....


光太郎は....


木兎光太郎
木兎光太郎
別にいいじゃねーか、ハグの1つや、2つくらい。
寒そうにしてたんだし
赤葦京治
赤葦京治
では、好きとか、そうゆう感情は、持ってないんですね?
木兎光太郎
木兎光太郎
おう
赤葦京治
赤葦京治
じゃぁ俺、今からあなたさんの所行ってきます
木兎光太郎
木兎光太郎
なんで?
赤葦京治
赤葦京治
あれ?
俺言いませんでしたっけ?
赤葦京治
赤葦京治
俺、あなたさんのこと前から狙ってるって
木兎光太郎
木兎光太郎
(ズキンっ....)
赤葦京治
赤葦京治
じゃぁ、俺行きますんで
木兎光太郎
木兎光太郎
....待て!
赤葦京治
赤葦京治
なんですか?
木兎光太郎
木兎光太郎
あなたの所に、行かないでくれ...
赤葦京治
赤葦京治
だって、木兎さんあなたさんのこと好きじゃないから、俺があなたさんに告白したって構わないんですよね?
木兎光太郎
木兎光太郎
いや...その...なんだ...
赤葦京治
赤葦京治
はぁ...
赤葦京治
赤葦京治
正直なこと言いますと、あなたさんは木兎さんのことが好きですよ
木兎光太郎
木兎光太郎
へっ?///

.
.
.

木葉秋紀
木葉秋紀
あなたはさ、木兎のことが好きなんだよね?
あなた
あなた
( ´͈ ᵕ `͈ )うん♡*゜
あなた
あなた
いつも何してくるか分からないバカだけど、さっきみたいに、急に抱きついてくるとことか、好きなんだ...(*´ω`*)
木葉秋紀
木葉秋紀
へー...


あなたー!!┗( ´ )┓三


あなた
あなた
光太郎???
木兎光太郎
木兎光太郎
あっ!
いた!
木葉秋紀
木葉秋紀
なんだよ木兎
木兎光太郎
木兎光太郎
すまん木葉、あなたと二人で話したい
木葉秋紀
木葉秋紀
へいへい
木葉秋紀
木葉秋紀
そんじゃーな
あなた
あなた
えっ、秋紀...
木兎光太郎
木兎光太郎
あなた....
あなた
あなた
はい...///
木兎光太郎
木兎光太郎
俺があの時抱きついたのは、寒いからって言うのもあるけど...
木兎光太郎
木兎光太郎
それ以上に、あなたのことが好きだから抱きついた....
あなた
あなた
////
木兎光太郎
木兎光太郎
好きです
木兎光太郎
木兎光太郎
俺と、付き合ってください
あなた
あなた
.....はい😂💕

.
.
.

赤葦京治
赤葦京治
あーあ、取られちゃいました
木葉秋紀
木葉秋紀
なぁ、赤葦は本当にあなたのこと好きだったのか?
赤葦京治
赤葦京治
それは、秘密です
木葉秋紀
木葉秋紀
なんだよw


木兎光太郎 〜完〜


次回は誰にしようかな〜“o(* ̄o ̄)o