無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

月島蛍 1
昼休み


次は、体育で体育館に行かなきゃ行けなかったのに、のんびりしていて、遅れそうだった

なので私は廊下を走っていた
あなた
あなた
やばーい!
体育は絶対に遅れられないのにー!!


ドンッ
あなた
あなた
(ヤベッ)

私はその場で尻もちを突いた
あなた
あなた
イッテー...
あなた
あなた
あっ、ごめんなさい!
大丈夫ですか???
月島蛍
月島蛍
あ、うん
君こそ大丈夫?
あなた
あなた
私は全然大丈夫!
モブ子
月島クーン!
月島蛍
月島蛍
Σ( ̄ロ ̄lll)ゲッ!!
モブ子
ゲッて何よゲッて
月島蛍
月島蛍
いや、別に...
で何?
モブ子
そろそろLINE教えてよ〜!
月島蛍
月島蛍
僕何回も言ってるよね?
嫌だって
モブ子
なんでよ!
月島蛍
月島蛍
嫌だから
モブ子
いいって言うまで言い続けるから〜!
月島蛍
月島蛍
たく...
しつこいな...
あなた
あなた
月島くんって言うんだ!
月島蛍
月島蛍
うん
あなた
あなた
あっ、私はあなたって言います!
クラスは、2組です!
月島蛍
月島蛍
そう
あなた
あなた
よろしくね!
何組?
月島蛍
月島蛍
4組
あなた
あなた
わー、頭いいんだね!
月島蛍
月島蛍
別に、そんなことない
あなた
あなた
今度勉強教えてよ!
月島蛍
月島蛍
気が向いたらね
あなた
あなた
ありがと!!(*´罒`*)
月島蛍
月島蛍
(ドキッ)
(何、今の)
あなた
あなた
って、あー!!
私体育行くんだった!
じゃぁね、月島くん!
月島蛍
月島蛍
うん



ドキッって何....

僕、あの子のこと好き...???








次回は、勉強を教えてもらう所からです!