無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

五色工 1

私と工は、白鳥沢学園に通う高校1年生


一緒の高校に通っている
と、言っても私と工は、幼稚園も、小学校も、中学校も全部一緒

いわゆる、幼馴染と言うやつだ



家もすぐ近くでいつも一緒に登下校をしている


あなた
あなた
白鳥沢入れてよかったわw
五色工
五色工
もともとあなたは頭がよかったんだし、よゆーで入れただろw
あなた
あなた
まぁね!w
ったく、少しは分かってくれよ...(ボソッ


そんなわけねーだろ!


白鳥沢といえば超難関校だったんだぞ!?


どんだけ死にものぐるいで勉強したと思ってん
だよ〜!




なんで私がそこまでして白鳥沢に入りたかったのかって?



工が行くからに決まってんじゃん✨
工は、バレーの推薦があったから白鳥沢に入ることは決まっていた


それを聞いた時私は、工が遠くに行っちゃうのか...と考えたら、なんだか胸が痛くなった




「あぁ、私は工のことが好きなんだな。」と気づいた


あなた
あなた
工は、お気楽でいいなw
五色工
五色工
馬鹿にしてるのか?
あなた
あなた
いや、別にw
五色工
五色工
なんかあったら言えよヾ(∀`。)ポンッ
あなた
あなた
...!!
あなた
あなた
うん(*´-`*)


工のこうゆう所が好きなんだよ///





次回は、告白しマース!