無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

赤葦京治 1

ぶりっ子が京治に声をかけている

ぶりっ子
ねぇねぇ、赤葦くぅーん💕
赤葦京治
赤葦京治
はぁ....
なんですか?
ぶりっ子
私ってぇ、可愛いぃよねぇ?
赤葦京治
赤葦京治
(めんどくさい...)
そうですね...
ぶりっ子
あは!
やっぱりぃ💕
赤葦京治
赤葦京治
(早くここから逃げたい...)
ぶりっ子
わたしぃ、赤葦くんのことぉ、好きだからァ


その所を見つけてしまったたあなた...


あなた
あなた
あっ、京治だ!
けーじー...
ぶりっ子
付き合ってあげてもいいよォ?


...


あなた
あなた
(はっ?あいつ何言ってるの?)

あなたはカチンときた

あなた
あなた
ちょっと!
赤葦京治
赤葦京治
あのさ、俺そういう意味で言ったんじゃないから
ぶりっ子
えぇ〜?
ぶりっ子
だってぇ、私の事ぉ可愛いぃって言ったでしょぉ?
赤葦京治
赤葦京治
君が可愛いよねって主張してきて、めんどくさかったからそう言っただけだから
赤葦京治
赤葦京治
それに俺、好きな人いるし
赤葦京治
赤葦京治
君みたいな子は、嫌いだから



かっけー✨





今日はここで終わりです!

短くてごめんなさい🙇‍♂️

次回は、京治か、あなたが告白しちゃいます💕