無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第32話

牛島若利 2
あの日以来、若利さんは、私を見ると話しかけてくれるようになった。

そして、2年生の中旬の頃
牛島若利
牛島若利
あなた
あなた
あなた
は、はい!////
牛島若利
牛島若利
どうしたんだ、顔が赤いぞ?
あなた
あなた
な、なんでもないです!!
牛島若利
牛島若利
そうか。
ならいいが
あなた
あなた
////
あなた
あなた
と、ところでどうしたんですか?
急に...(凄く嬉しいけど///)
牛島若利
牛島若利
あぁ実はな、春高の予選大会が近日中に行わられるんだ
あなた
あなた
へー...
牛島若利
牛島若利
よければ、観に来ないか?
あなた
あなた
へっ...?
あなた
あなた
えぇぇぇぇえ!!!
牛島若利
牛島若利
嫌だったか?
あなた
あなた
いや、そうじゃなくてですね...
あなた
あなた
あの、なんと言いますか...
あなた
あなた
その...
牛島若利
牛島若利
??
あなた
あなた
わ、私が行っても良いんですか...?
牛島若利
牛島若利
....
牛島若利
牛島若利
なんの為に、呼んだと思うんだ??
牛島若利
牛島若利
本当に、あなたは面白いな^^
あなた
あなた
...(///_///)
あなた
あなた
是非、観に行かせて貰います!!!
牛島若利
牛島若利
待ってるからな


何だかいつもより若利さんの声が明るく感じた。

そして、春高予選決勝戦。

烏野vs白鳥沢

では、白鳥沢は烏野に負けてしまった_____

下を向いたままの生徒達が何人か私の横を通り過ぎて行った______

あなた
あなた
あっ....
若利さん...!!
牛島若利
牛島若利
あなたか...
あなた
あなた
あの...!
あなた
あなた
お疲れ様でした!!
カッコよかったです!!
牛島若利
牛島若利
...負けたんだぞ?
あなた
あなた
それでも、一生懸命にやってた、若利さんはかっこよかったです!
牛島若利
牛島若利
...本当に
牛島若利
牛島若利
お前は、俺を落ち着かせてくれる奴なんだな(´。-ω(ギュッ
あなた
あなた
は、えっ!?///
あなた
あなた
若利...さん...!?///
牛島若利
牛島若利
もう少しだけ、このままにさせてくれ
あなた
あなた
...はい。///

パタパタ....

白布賢二郎
白布賢二郎
あっ、牛島さ...ん...
白布賢二郎
白布賢二郎
えっ...??
白布賢二郎
白布賢二郎
あなた...?

( ゚д゚)ハッ!

あなた
あなた
賢二郎...?
牛島若利
牛島若利
どうしたんだ?
あなた
あなた
いや、なんでもないです...。

見られちゃった...

牛島若利
牛島若利
ギュッ...

耳元で、若利さんは私に囁いてきた_____





牛島若利
牛島若利
俺はあなたのことが





ドキッ...!




牛島若利
牛島若利
好きだ
















牛島若利 ~完~