前の話
一覧へ
次の話

第7話

242
2023/12/07 11:00
さとみside
いまあなたの下の名前が拗ねてる。
多分俺がちょっと意地悪
しちゃったからだと思うけどw
どうしようか、なんか詫びに買ってきてあげるとか良いんじゃないか?
よし、そうしよう
さとみ
なぁあなたの下の名前?
(なまえ)
あなた
なんですか…?
拗ねながらそう言うあなたの下の名前に、少し可愛いと思ってしまう。
さとみ
俺ちょっと出かけてくるから、
家で待っててくれる?
(なまえ)
あなた
ぇ…
そう言うとあなたの下の名前は、驚いた顔をした。
なにかおかしかっただろうか。
さとみ
じゃ、行ってくるからな
(なまえ)
あなた
ちょ、ちょっと待って!!
いきなりあなたの下の名前に服の袖を掴まれてドアに向かおうとしていた足が止まる。
さとみ
どうした??
と、俺は言う。
あなたの下の名前の言葉を待っていると顔を少し赤くしてこう言う。
(なまえ)
あなた
1人は、寂しい、、です。。。///
短いですが許してください!!
では、おつぷり!!

プリ小説オーディオドラマ